SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S

<title>SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E お求めやすく価格改定 E350 BLUE TEC W212 212224C 10 02~13 05 ワゴン</title>

SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S

15048円

SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S


■品番SD1114815S
■メーカーDIXCEL/ディクセル
■商品名ブレーキディスク
■タイプSD
■F/Rフロント
■自動車メーカーMercedes Benz/メルセデスベンツ
■車名E
■グレードE350 BLUE TEC
■型式W212(212224C)
■年式10/02~13/05
■備考ワゴン
■ハイカーボン材使用
■注意事項
■JAN4547726626795
■商品説明プラス20%の制動力がもたらす安全性

●各種シミュレーションテストではPDタイプに比べ、摩擦係数が最大20%アップ
●20%の制動性能の向上により、車輌の安全性が向上。ゆとりのあるドライビングが可能に
●スリット本数は鳴き、摩耗、ガスの除去効果など様々な事案を考慮し、6本に決定
●スリットの幅、角度、深さなどは実戦データから最適な数値をチョイス
●回転方向はより高いシェービング効果が得られるようリバース回転(逆回転)を採用
●スリット位置をアウター/インナーでオフセットすることによりジャダーの抑制に成功
■納期メーカー取り寄せ品の為、通常即日~4営業日以内に発送致します。
■ご注文時注意事項--

※ ご注文前に必ずご確認下さい
お急ぎの場合はご購入前に納期確認をお願い致します。
納期について
*メーカー在庫が欠品の場合、1~2ヶ月以上のお時間を頂く場合がございます。
*メーカーにて予告無く廃盤、仕様変更になっている場合があります。

返品・キャンセルに関して
*お客様都合による返品・キャンセル・商品の変更は一切お受けしておりません。
*在庫・納期・適合未確認でご購入された商品のキャンセルは一切お受けしておりません。
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。

SD1114815S ブレーキローター 摩擦係数アップ ゆとりのあるドライビングに リバース回転採用 ディクセル DIXCEL/ディクセル ブレーキディスク SD フロント Mercedes Benz E E350 BLUE TEC W212(212224C) 10/02~13/05 ワゴン SD1114815S

グリーンケミストリーとは何か?有機合成化学者ができること

有機合成化学者がふだん行なっている研究の中でも使える、環境負荷の少ない試薬や代替溶媒、ワークアップ法を紹介。また、グリーンケミストリーの基本的な考え方、定量的な…

医薬品の品質管理と標準物質~ワーキングスタンダードと二次標準物質~

なぜ医薬品の品質管理において標準物質選びは重要なのか? 医薬品の品質管理において、物質のモノサシの役割をする標準物質は重要です。もしも、モノサシの目盛りが毎回…

定量NMR(qNMR)とは?

通常、有機物の純度はHPLCかGCで測定されますが、クロマトグラフィーを用いた純度は、検出したシグナルの面積値の割合に基づいており、この方法では、異なる物質は異…

【初めての論文投稿⑩】投稿後からアクセプトまで

投稿後からアクセプトまでにやるべきこと 数々の難関をクリアし無事に論文を投稿し終えたら、ほっと一息。しかし、まだゴールではありません。投稿した後には、いったい…

環境に配慮した水銀フリーの超純水製造装置

水銀規制の動きが地球規模で広がる理由 水銀は健康や環境に極めて有害な影響を及ぼす危険な化学物質です。高濃度の水銀を摂取したり吸い込んだりすると、脳の損傷や腎機…

膜タンパク質・膜貫通タンパク質の簡便な抽出方法

超遠心不要で効率的かつ円滑なタンパク質抽出 複雑なタンパク質混合物の精製はプロテオミクスにおいて重要な課題の一つです。そこで、再現性および信頼性高く、かつ簡便…

超遠心不要、細胞タンパク質を4つの画分に分けて抽出する方法

タンパク質抽出を効率的かつ円滑に行うツール プロテオミクスにおいて重要な課題の一つは複雑なタンパク質混合物の精製です。これは発現量の少ないタンパク質を検出可能…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

大腸菌発現タンパク質を可溶化する発現ベクター その種類と特徴

発現ベクターでタンパク質の可溶性を改善 大腸菌でタンパク質を発現させる際、タンパク質の正しいフォールディングが起こらず、封入体(インクルージョンボディー)にな…

Nus•Tagによる大腸菌発現タンパク質の可溶化

Nus•Tagシステムの魅力 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく異なり、極めて還元的な環境となっています。そのため大腸菌でタンパク質を発現させる際、S-S結…

【初めての論文投稿⑦】タイトルページ・アブストラクト・引用文献

ジャーナルによってタイトルの書き方は異なる 論文の本文の執筆が終わったら、いよいよ仕上げにかかります。「タイトルページ」「アブストラクト」「引用文献」など、本…

HPLC/UHPLC用サンプルを効率的にろ過する方法

分析の前処理をもっと効率的に クロマトグラフィーによる分析を行う際には、試料を前もって分析に適した状態に調製しておくことが必要です。特に高速液体クロマトグラフ…

【初めての論文投稿⑥】本文の書き方のポイント

英語で論文を書く作業は、慣れないうちはなかなかハードです。何から手を付ければいいのかわからず途方に暮れる人もいるかもしれません。しかし、論文の設計図である「アウ…

【初めての論文投稿⑤】伝わる図表の作り方

図表の質が論文掲載を左右する 図表は、論文において全体のメッセージを伝えるために欠かすことのできない要素のひとつです。単に実験データを示すだけのものではありま…

カールフィッシャー法でよくあるトラブルと解決法

微量な水分を測定できるカールフィッシャー法 試料中に含まれる水分量を測定したい。そんなとき、最もよく用いられる方法のひとつが「カールフィッシャー法(以下、KF…

【初めての論文投稿④】アウトラインの作り方

論文の質を決めるアウトライン作り 論文の執筆にとりかかる際、必ず行ってほしいのが「アウトライン」の作成です。アウトラインはいわば論文の設計図。この設計図作りの…

固相マイクロ抽出(SPME)法の理論と条件の最適化

シンプルで安価な抽出法「SPME」の特長 有機環境汚染物質や香料など、揮発性物質を分析するためには、分析対象物を何らかの方法で濃縮する必要があります。しかし、…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

安全な試薬容器の選び方

実験試薬の管理は万全ですか? 実験室では数々の化学物質を日常的に扱いますが、その中には人体に影響を及ぼしたり、環境を汚染したりする有害物質も多く含まれています…

コンタミネーションを防ぐ!無菌操作の基本と注意点

無菌操作 細胞培養において最も重要なのは、細胞以外の細菌、真菌、マイコプラズマなどの微生物によって細胞が汚染(コンタミネーション)されるのを防ぐことです。実験…

分子生物学実験の基本 滅菌操作をマスターしよう

滅菌とは 滅菌とは「全ての生物を死滅させるか、完全に除去すること」を指し、分子生物学実験において非常に重要な操作の一つです。大腸菌培養や細胞・組織の無菌培養を…

【初めての論文投稿③】投稿するジャーナルの選び方

論文を書き始める前に投稿先を検討しよう 論文の投稿先選びは、ときに将来の進路を決めることもある重要なプロセスです。確認が不十分のまま執筆を始めてしまうと、大幅…

受容体拮抗薬を選ぶときの3つのポイント

拮抗薬の選択が実験の質を決める 生体内の受容体分子に作用して神経伝達物質やホルモンなどの働きを阻害する受容体拮抗薬(アンタゴニスト)は、遮断薬や阻害剤とも呼ば…

受容体の機能を知るための作動薬・拮抗薬の使い方

作動薬・拮抗薬の作用機序を知って正しい実験を 生体内に存在する受容体は、リガンドを認識して生体のさまざまな機能を誘導する重要な物質です。受容体の機能を調べるた…

阻害剤調製時に知っておきたい5つのポイント

間違った扱い方が阻害剤の効果を激減させる 生物の体内でさまざまな働きを担っている生理活性物。その一部は阻害剤として利用でき、生命の仕組みや体内分子の機能を調べ…

【初めての論文投稿②】論文執筆前の準備、まずはここから始めよう!

論文執筆で最初に行うべきこととは 論文執筆は時間も手間もかかる大変な作業です。「そろそろ始めなくては」と思っていても、その長大な道のりを想像するだけで取りかか…

押さえておきたい、ろ過手法とフィルターの基礎知識

ろ過の基本をマスターしよう ライフサイエンスの実験から身近な日常生活に至るまで、さまざまな分野で利用されている「ろ過」。例えば、ドリッパーとペーパーフィルター…

【初めての論文投稿①】執筆準備から掲載までの流れを知ろう

半年後を見据えて準備しよう 「そろそろ投稿論文を書き始めなくては」と思いながらも、なかなか手を付けられないでいる人はいませんか?「何から始めればいいのかわから…

限外ろ過を応用してPCR産物を精製する方法

限外ろ過を応用してPCR産物を精製しよう ポリメラーゼ連鎖反応(PCR:Polymerase Chain Reaction)は、DNAポリメラーゼを用いて、わ…